Profile

中村 仁美(なかむら ひとみ)

東京藝術大学大学院音楽学専攻修了。在学中に雅楽と出会い、篳篥、楽箏、左舞、古代歌謡等を芝祐靖氏、大窪永夫氏、上明彦氏、豊英秋氏などに学ぶ。雅楽古典曲を演奏するだけでなく、現代作品の演奏、様々な和・洋楽器との共演、即興演奏まで幅広く演奏している。1986年より国立劇場公演など国内各地で演奏するほか、タングルウッド音楽祭、ミュージックフロムジャパン音楽祭、ウルティマ現代音楽祭、フエ音楽祭、ジャポニスム伶楽舎公演など欧州、北米、中国、韓国、ベトナムなどでも演奏している。2006年からは毎年コロンビア大学(ニューヨーク)で雅楽アンサンブルの指導と演奏会を行う。

雅楽演奏団体「伶楽舎」メンバーとして活動するほか、ソロ活動としては、篳篥リサイタル“葦の声”(1992~97)、“葦の風”(2003~)で、篳篥独奏曲やアンサンブル曲を多数委嘱初演し、ソロ楽器としての篳篥の魅力を開拓している。CD「ひちりき萬華鏡」「胡笳の声」(ALM)等にはこうした現代作品を多く収録した。(「胡笳の声」は音楽現代準推薦盤)

また小編成ユニットとしては、「雅楽三昧中村さんち」で中村香奈子(笛)、中村華子(笙)と共に、絵本読み聞かせ公演や、雅楽の楽しさを伝える公演を各地で行っている。「雅楽トリオ千歳」では石川高(笙)、角田眞美(笛)と共に2016年~ドイツ、オランダ、ルクセンブルク、東京で現代作品演奏、オランダの俳優Joep Dorrenとの公演などを行っている。

2010年松尾芸能賞新人賞を受賞。国立音楽大学、沖縄県立芸術大学、国際基督教大学非常勤講師。

hitomi nakamura – YouTube

(5) 中村 仁美 | Facebook

Hitomi NAKAMURA

received her M.A. from Tokyo University of the Arts, and studied gagaku, hichiriki, koto, samai, and songs under Sukeyasu Shiba, Nagao Okubo, Akihiko Ue, and Hideaki bunno.
As a member of the Gagaku Ensemble “Reigakusha",led by her mentor Sukeyasu Shiba, she has performed both classical and modern pieces on gagaku instruments. She has performed in many halls like the National Theatre in Japan and many times abroad: Tanglewood Musical Festival; the Ultima Contemporary Music Festival; MITO Settembre Musica, the Music from Japan (MFJ) Festival, and most recently in Paris (Japonismes 2018) and at Japan Society (New York) in 2019.
As a member of Reigakusha, she was awarded the Nakajima Kenzo Music Prize for the special feature in 2002, Saji Keizo Prize in 2016.

She is hichiriki artist in premier performances of many contemporary composers. She is founder of the “Ashi no kaze"(Reed Wind) Recital Series designed to develop the musicality and performance techniques of the hichiriki, which historically was not a solo instrument, and thereby has generated many new pieces for the hichiriki repertory.

In 2010 she received the prestigious Matsuo Performing Arts New Artist Award. In 2005 and 2013, her performances – in which the hichiriki was central – were released on CDs, “Hichiriki Kaleidoscope"(ALCD-65) and

“The Voice of Koka"'(ALCD-95).
She also belongs to the Gagaku trio Chitose in collaboration with Dutch actor, Joep Dorren, performing in Dusseldolf, Trier, Amsterdam, and Tokyo in 2016, 2017, and 2020. She is one of mentors of the Gagaku Ensemble of the Columbia University in New York from 2006.
She teaches at the Kunitachi College of Music and Okinawa University of Arts.
hitomi nakamura – YouTube

(5) 中村 仁美 | Facebook

 

 

制作CD

「胡笳の声~君聞かずや 胡笳の声 最も悲しきを~」
“The Voice of Koka” ALCD-95(ALM RECORDS)
中村仁美が委嘱初演した独奏曲、アンサンブル曲などを収録。音楽現代準推薦盤。2013年制作。 http://www.kojimarokuon.com/disc/ALCD95.html

「ひちりき萬華鏡―<現代>を奏でる篳篥のしなやかな世界~」
“HICHIRIKI KALEIDOSCOPE” ALCD-65(ALM RECORDS)
中村仁美が篳篥リサイタルなどで初演した独奏曲、アンサンブル曲と雅楽古典曲を収録。2006年。

「冬の夕刻 ひとつの響きより~雅楽・盤渉の巻」
“DUSK IN WINTER: Gagaku-The Sound of Banshiki” BCD-017 (Bamboo)
石川高、平井裕子、中村仁美の3人による演奏。自作曲、蘇莫者など。1997年。

「月のみや ひとつの響きより~壱越の巻」BCD-004 (Bamboo)
石川高、平井裕子、中村仁美の3人による演奏。自作曲、迦陵頻など。1994年。

*伶楽舎CDの多くに参加。https://reigakusha.com/home/sellcd

*その他参加したCDの一部
「佐藤聡明《水を掬えば月は手に在り》《FOUJITA》」
”Somei Satoh Like the Dyer’s Hand FOUJITA” ALCD-127

「楽器は東へ西へ 琵琶とマンドリン」YNCD-1003
*芝祐靖作曲「草案の諧」を演奏。

「いろいろ、さまざま、ところどころ 増本伎共子の世界」FPCD2550(Fontec)
*増本伎共子作曲「河~オーボエ、篳篥、笙、打楽器のための」を演奏。

「三絃 野澤徹也5 宵のうたげ」KKR001
*三村磨紀予作曲「Flower meditation dance」演奏

「月、冴ゆ 三絃 野澤徹也6」KKR-002
*金井勇作曲「月、冴ゆ」を演奏。

「野澤徹也による 佐藤容子・三味線作品集」KKR-004
*佐藤容子作曲「岐点」を演奏。

「田中範康作品集Ⅱ 音の情景」
“Works of Noriyasu Tanaka Ⅱ“ ALCD-103(ALM RECORDS)
*「変容の時~雅楽トリオのための」を演奏。

”Mari Takano; Women’s Paradise” CD-1238 (BIS)
*高野真理作曲「無限の月 夢幻の星」を演奏

“AYUO: Izutsu” (TZADIK)

“Jhon Zorn’s COBRA Tokyo operations ’94 東京作戦 吉凶部隊” AVAN049

“水の白拍子 桜井真樹子” BCD-035 (Bamboo)

「竹内道敬作品集」VZOP-1002
*竹内道敬作詞、芝祐靖作曲「催馬楽 恋せよ」を演奏。

「近代唱歌集成五唱歌誕生、六伶人たちの唱歌~保育唱歌」KCDK-1385,1386
*保育唱歌を演奏。

「ミイラになるまで 島田雅彦/大友良英」CMDD-00034

「星の輪/宮田まゆみ」
*「春庭花」を演奏。