essay

篳篥のリード(蘆舌)はヨシ(葦)でできています。ヨシはどこにでも生えている草ですが、蘆舌は ...

essay, news

2018年11月17日に国立劇場で行われた「第三回女性による伝統芸能の伝承〜口ずさむ和楽器 ...

essay

今回、作曲の高橋久美子さんに曲を作っていただくにあたり、なにか語りと楽器演奏を併せた曲がで ...

essay

「蘇莫者(そまくしゃ)」は雅楽の古典曲で、さまざまな曲の由来が伝わっています。 ひとつは、 ...

essay

今度7月8日に、初演する山本和智さん作曲の「揺れるカタバシス」。 カタバシスとは下降するこ ...

essay

「雅楽へのアプローチ」「雅楽入門」等の著作もある増本伎共子先生は、作曲家でありながら、雅楽 ...

essay

久しぶりに演奏させていただく、三宅榛名作曲の「とき見るごとに」は3人の奏者が吹く篳篥と大篳 ...

essay, topic

文化財保護・芸術研究助成財団の機関紙「絲綢之路」2020秋号に、篳篥についての拙文を掲載い ...

essay, news

今年(2020年)2月にデュッセルドルフの恵光ハウスにて演奏しました、山口恭子作曲「発光素 ...

essay

この度、「携帯版 雅楽打物譜」をまとめるにあたっては、日本雅楽会発行『雅楽打物総譜』(19 ...